平屋建ての賃貸住宅の魅力

家族構成に合わせて賃貸住宅を選ぼう

賃貸住宅を選ぶ場合、集合住宅にするか一軒家にするかを始め、どのようなタイプを選択するかが重要なポイントです。一人暮らしなら、ゴミ出しや清掃の負担の少ない集合住宅がおすすめです。ただし、集合住宅の場合、隣室の生活騒音が問題となる場合が多く、防音対策がしっかりしているか確認しなければなりません。木造住宅では、上階の足音が階下に響くこともあり、集合住宅では問題となっています。ただし、集合住宅でも、メゾネット方式の建物は、隣室との境にトイレ・浴室・階段などを設置することにより、壁から直接生活騒音が伝わることを防止する工夫がなされています。1階と2階を同一の居住者が占有するので、上階を歩く他人の足音に悩まされることもありません。メゾネット方式は、2階を子ども部屋にするなど、核家族向きの造りになっています。

平屋建て賃貸住宅はどんなメリットがあるか?

平屋建て賃貸住宅の場合、上階が無いので、頭上の足音に悩まされることはありません。隣室に他人が住んでいることもないので、生活騒音が問題となることはほとんどないでしょう。階段が無いため、高齢者も全ての部屋を行き来することが可能です。庭の草むしりや自宅前の道路の清掃くらいの負担は増えるかもしれませんが、賃貸住宅である以上、建物の補修や樹木の伐採は、ほとんど賃貸人が費用を負担してくれます。幼い子どもが多少泣き喚いても、近所から苦情が来る可能性は集合住宅よりずっと低くなるでしょう。集合住宅のように密接した隣室の居住者に気を遣うストレスが格段に減ります。庭付きであれば、家庭菜園を作って野菜や花を育てる楽しみもできます。