無職でも賃貸住宅を借りられる?

入居審査に通れば無職でも賃貸住宅を借りることは可能

「無職だと賃貸住宅は借りられないのかな・・・」と賃貸住宅を借りる時の不安要素として無職という要素があると思います。たしかに、職に就いている場合と比べると入居審査に通りにくい傾向にあります。しかし、結論をいいますと”無職でも賃貸住宅を借りることは可能”です。

入居審査といっても、職業に就いているかどうかだけが審査基準なわけではありません。その他にも人柄、転居する理由、過去のクレジットカード滞納歴、預貯金通帳、保証人の有無などの審査基準が設けられています。また、家賃など物件の条件によっても審査の基準は変わってくるのです。

そのため無職だからと諦めてしまう必要はなく、職業以外の審査基準を満たせば”無職でも賃貸住宅を借りることは可能”になるのです。

無職でも入居審査に通りやすくなるポイント

無職でも入居審査を通過したい時は、貸す側である大家さんの不安要素を減らすことが重要です。そのためのポイントをいくつかお伝えします。
1つめは、収入が安定している保証人を立てることです。契約者本人が家賃を払えない状況になっても、その分の家賃を保証人から徴収できるため、大家さんとしても安心なのです。

2つめは、預貯金通帳に家賃1年分の金額があることです。無職で無収入の状態でも、当面は家賃を支払えるという証明になるため、入居審査に通りやすくなります。

3つめは、家賃が安い物件を選ぶことです。家賃が安ければ安いほど、預貯金通帳の金額1年分のハードルが低くなります。

4つめは、転居理由を明確にすることです。転居理由が明確になっていると、大家さんとしても安心して貸し出すことができます。

これらの要素を満たせば、無職でも入居審査に通る可能性を高めることができます。